八王子ボーカル教室「ESRヴォーカルスクール」レッスン内容

●発声のしくみを知る
 まず歌を勉強するにあたって発声のしくみから学ぶ事が大切です。車の運転を学ぶのにはまず車の仕組みを勉強しますよね。 特に声帯は外から見えない臓器なのであまり知らないという人がほとんどです。声は声帯から出るのです。しっかりと学びましょう。
 

●準備運動
全身ストレッチをしてから、首、肩をほぐします。

 

●足腰の強化

発声に必要な体幹や足腰を鍛えるスクワットを中心とした下半身体力強化トレーニング。

  
●発音・滑舌・腹式発声
リップロール、タングトリル、エッジヴォイスをしてから発音、滑舌、腹式発声のトレーニング。

 

●リズム感・音階・ビブラート・こぶし
体幹を鍛える姿勢でリズムに合わせて全身を上下に揺らし、音階・ビブラート・こぶしのトレーニングをします。
尾骶骨を意識する事がポイントです。

 

●基本音階トレーニング

基本のドレミファソラシドを使ってあらゆるキーの音階トレーニングをします。

 

●音感トレーニング

音感を良くするためにピアノの音を聞いて同じ音程を即座に発声するトレーニング。

 

●ミックスヴォイストレーニング

一番低い音程から裏声の一番高い音程をゆっくり滑らかに上げ下げさせ、息量を調節しながら裏声と地声のひっくり返りを減らすトレーニング。

 

●ピッチ(音程)トレーニング

専用のアプリを使って視覚的に確認しながら音程の狂いを矯正していきます。

 

●グルーブ感トレーニング

ノリを出すためにリズムにアクセントを置いてみる。メロディにアクセントを置いてみる。リズムに合わせて膝を落とし上半身を脱力して無駄な力を抜くトレーニング。

 

●母音・子音トレーニング

歌詞を母音だけで歌唱。同様に歌詞を子音だけで歌唱。

 

●声量アップトレーニング

遠くの人を呼ぶイメージで発声する。胸、鼻腔、頭部へ共鳴させる。声帯から発した声を背骨を通じて尾てい骨まで響かせる。

 

●表現力
しゃくり、抑揚、フォールのトレーニングをします。


●喉の懸垂筋を動かす

声帯を包み込んでいる喉頭を吊るしている筋肉(懸垂筋)を動かすエクササイズ。いろいろな物の音を真似して多種多様な声色が出せるようにトレーニングします。

  

●歌唱指導
曲のタイプ毎にどうやったら上手く歌えるかアドバイスします。先ずは好きなアーティストの歌唱動画を見ながら歌い方の特徴と動き(パフォーマンス)を真似るところからスタートします。


●その他
必要に応じて整体、心理カウンセリングを施して発声を妨げている原因を探り改善していきます。


 
●ギター弾き語り・作詞作曲・音楽理論・レコーディング、プロモーション
上記のトレーニングのほかにギターの弾き語り、音楽理論や作詞作曲、DTMやMacの定番音楽ソフト「GarageBand」の使い方も教えています。また高音質でヴォーカルレコーディングも出来ますのでデモ音源の制作が可能です。プロを目指す方にはライブイベントやオーディションへのプロモーションを積極的にご案内しています。

 

ESRヴォーカルスクール体験レッスン