【歌の腹式呼吸について】

 

通常、腹式呼吸は「吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹がへこむ」ですが、歌の場合はそうではなくて「吐く時もお腹は凹まさない」なのです。歌う時は首や肩をリラックスさせないといけないのですが吐くたびにいちいちお腹をへこませると上半身にムダな力が入ってしまうからです。

但し、スタッカートやパンチを効かせた声のように瞬発力が必要な時や、ロングトーンでギリギリまで息を絞り出すような時は思いっきりお腹を凹まします。