八王子ボーカル教室「ESRヴォーカルスクール」よくあるご質問 Q&A

東京八王子ボーカル教室「ESRヴォーカルスクール」によく寄せられるご質問に対する回答をまとめました。

初めて音楽教室・ヴォーカル教室に通われるという方はもちろん、現在他の音楽教室・ヴォーカル教室に通われていて、当スクールに興味を持たれた方、レッスン内容にご不明な点がある方など、なんでもお気軽にお問い合わせください。

Q:腹式呼吸しながら発声が上手くできません。どうしたらいいですか?

「先生、腹式呼吸しながら発声が上手くできません。どうしたらいいですか?」

とか

「腹式呼吸が難しいです」

という相談が本当に多いんです。

腹式呼吸が難しい、あるいは腹式呼吸しながら発声が難しい人は無理に腹式呼吸しなくて大丈夫ですよ。

腹式呼吸ができるようになったからと言って歌唱力がアップする訳ではありません。

腹式呼吸ばかり意識しすぎて発声がおろそかになるのであれば腹式呼吸は切り捨ててくださいね。

腹式呼吸はあくまで緊張を取り除いてリラックスするためのものですね。

歌う前と後に1分くらい腹式呼吸をしてリラックスしてきたらあとは自然に呼吸してください。

Q:声量がありません。

歌っていて声が小さい人がいますよね。

そういう人は普段の会話も小さいのか大きいのかです。

普段の会話は普通に大きな声を出せるのに歌となると小さくなってしまうのは心理的なものが原因ですよ。

私のレッスンで声量をアップさせるエクササイズとしてよくやっているのが100メートルくらい遠くの人を

「おーい!」と呼ぶイメージトレーニングから入っていきますね。

これをやると大抵の人は大きな声がすぐに出せるようになってきます。

それをそのまんま歌に移行していく練習をしていきます。

あとは「エッジヴォイス」「共鳴発声」「シンデレラステップ」のエクササイズも効果がありますよ。

 

Q:音痴は治りますか?

音痴には二通りありますね。

 

ひとつは音程が狂っている事に気づかない人。

もう一つは音程が狂っている事はわかってるんだけどコントロールできない人。

 

前者の場合は自分の音程がグラフになって表示されるアプリを使って視覚的に音程の狂いを自覚してもらっています。

後者の場合は声帯の筋肉に音程を調節する筋肉があるのでそれをエクササイズで太くしていって音程のコントロールが出来るようにしていきます。

 

音痴は心理的なものから来る事が多いので歌に対する抵抗感を緩和していかなくてはいけません。ですので音痴を治すのははっきり言って至難の業ですけど月2回のレッスンを根気よく続けていけば早い人で3年くらいで改善が期待できますよ。

(個人差があります)

 

ESRヴォーカルスクール体験レッスン